1.手作業での解体作業

ひとつひとつ丁寧にばらしていきます。使える部分との仕分けをしながら番付けをします。
手間のかかる作業です。(奥に見えるのは木造3階建ての蔵)